昨日は高校時代の友人と集まりました

中学生や小学生のママもいれば、独身の子もいる

15年前まで一緒に高校に通っていた友達も、それぞれの道を進んでいるんだな~と改めて感じました

その時、1人の友人の話にすごく新鮮さを感じました

それは私の考えとは真逆の考え

私の周囲には妊活中の人が多いです

これは類は友を呼ぶってやつなのか、私と同じ悩みをかかえる人は多いな~と思っていました

そんな私とは真逆の悩み

妊娠しやすくて困っていると言う話

昨日集まったメンバーで妊活中の人は私含めて2人

その環境では、すごく言い辛そうで言葉を濁していました

でも、会話の流れ的に、そんな話になり、みんなからの集中質問攻撃で話してくれた悩み

子だくさん過ぎて、これ以上妊娠しても困るから、卵管を縛ることも考えた

って話は衝撃すぎて心に響きました

1人の子がそんな話をしたら、他にもリングを入れて避妊しているって話をして来た子もいました

もう衝撃過ぎて、すごく心がリフレッシュしました

不妊の人の問題点は「妊娠」に特化した考えをしてしまい、タイミングなどに執着し過ぎてしまうことだとよく言います

「子作り目的の性生活」

これが、私の中でダメと分かっていても当たり前になって来ていたことを改めて感じました

妊娠しやすい時期は避けて、ただ性生活を楽しむ

その楽しむ心から妊娠力を上げている

そんなすごく大切なことを教えてもらったように感じました

以前学校の先生をしているお客様から「何で学生は妊娠しやすいんですかね?やっぱり若いからかな?」と聞かれたことがあります

年齢も関係はしますが、何よりも自然に相手を求めて楽しい性行為をしていることが大きな違いなんだと思います

今や、不妊治療は流行りのようになっています

どこの産婦人科でもタイミング法の指導くらいは行っているので、スタートもしやすい

その不妊治療の恐ろしさ

それは、本能で行う性生活を奪ってしまうことだと私は思います

タイミング法の指導を受ければ、「この日にしようね!」と日付指定の性行為

また、人工授精や体外受精に進めば、体を合わせずに妊娠と言う結果が得られる可能性が出て来る

人も動物と同じく発情する時期があります

女性にとっての発情期は排卵時です

本能で体の変化を敏感にキャッチしていれば、その発情を感じられるのに、不妊で悩む人は本能での発情よりも、基礎体温表の変化を見て脳で考えるタイミングを優先してしまう傾向があるのです

だから、タイミングを意識した性行為とは、本能に従って体を合わせている時よりも確実に妊娠力としては低下しているのです

妊娠しやすい悩み

こんな悩みを聞く機会があったことに本当に感謝します

両極から「妊娠」と言う物事を捉えるってすごい発見ですね~

PS.写真のパンケーキは昨日のランチで出て来たデザートです♪

すっごく美味しかった~!