昨日はすきっと向上委員会のトレーナーの方が開催する「ウォーキングセミナー」に参加して来ました

1時間のレッスンだったので、なかなかハードで、帰る頃には逆に意識し過ぎてギクシャクした歩き方になっている方もいましたが(笑)

しかし、美しいウォーキング方法

知っているか、知らないかで大きな違いがあるな!

と感じました

知らなかったら、歩く時「無意識」です

でも、知ったことで「意識」することが出来る

上手くできなくても「意識」することが可能になる

それだけで大きな一歩が出せたように感じました

この歩き方をマスターすれば・・・

①細く見せれる

②背が高く見せれる

③小顔に見せれる

④美しく見せれる

⑤自分に自信がある人に見せれる

⑥歩くだけでぽっこりお腹を改善させるトレーニングが出来る

⑦恥骨筋のトレーニングになり、尿漏れ対策にもなる

⑧お尻のたるみを予防出来る

などなどパっと思うだけでもこれだけ上がって来ました

結局急いで歩くと無意識にいつもの私が出てしまうのですが、これは練習を重ねることで、「無意識が美しい姿勢」になっていくことが出来るかもしれません

知識を学べる機会に出会えたことに感謝です

また、同時にセミナーというものに参加し、空気や枠の作り方、伝えたことの飲み込み能力の個人差など課題となる点も客観的に学ぶことができ、セミナーを開催する側の立場の勉強もできました

そして、セミナー後、トレーナーさんと整体師仲間とお茶をしながらお話しをしました

2人とも、不妊の悩みを持っていない男性

とても刺激的な話が聞けました

インターネットで「不妊」と検索すると、ネガティブな思考がよく見えて来ます

私も不妊仲間と言うと良くないですが、同じ悩みを抱えた友達と話をすると「なんで子どもが出来ないのか・・・」と

「できない」と言うポイントに着目した会話になりがちです

あとは、

妊活のために〇〇を飲んでるよ~とか、

妊活のためにこんなことをしているよ~

そんな前向きな会話ももちろんあります

しかし、昨日は不妊の悩みを持っていない人との会話

衝撃的だったのは「本能」についての話

子孫を残したいと感じる人類に与えられている本能を磨く!

そんな話題が出て来ました

すごく当たり前のことなのに、「不妊」と言う話題の中で聞くことのない内容

一緒に話した、トレーナーさんと整体師仲間

2人とも私がとっても尊敬している方です

人として尊敬している方の言葉だから、私の心にスッと入って来た

そう感じました

きっと、これが例えばお酒の席で、尊敬の気持ちがこれほどなく、不妊で悩んだことのない方に言われたのなら、きっと私は

「不妊で悩む女の気持ちなんて分からないくせに。あなたは計画通り子作りが出来てるから言えるんだよ・・・」

っと、否定的な受け方をしてしまっていたかもしれません

でも、不妊の悩みがある人とない人

別々に捉えていたらいけないな

っと感じたのです

「私には子どもが出来ない」

「今度こそは!」

「今回もダメだったらどうしよう」

「こんなに頑張ってるのに」

そう思う感情が「不妊」の問題を大きくしてしまっているのかもしれない

昨日話した不妊の悩みがないお2人は「タイミングなんて気にしてなかった」「本能のままにしたいと思ったからした」と言っていました

その話を聞いて、不妊で悩む夫婦に不足しているのは

本能

ではないのか!!!

と感じたのです

結婚する前の旦那様との関係を思い出して下さい

子作りがしたくて、体の関係を持っていましたか?

本能で、異性を求める心があったから愛情表現の一つとして出来ていたのでしょう

それが、いつの間にか、「子作りのため」

セックスしたいのは排卵時

感情で「したい!!!」ってなるのではなく、基礎体温を確認して「したい」と感じる

そこに不足しているのが、本能のままに相手を求める愛のある性生活なのかもしれない

不妊で悩んでいない友達に「数打てば当たるよ~」と言われて傷ついていた私

そんな簡単な問題だったら、ここまで悩まないし、「不妊」なんて言葉は生まれてないよ

と思っていましたが、特別な問題が夫婦共にないのに妊娠できない

そんな夫婦の間にある、問題は「妊娠できないかも・・・」と感じる不安の気持ちだったり、本能のままに相手を求める心だったりするのかもしれないな・・・と感じました

今回の話は賛否両論の意見があり、納得できない人もいると思います

でも、不妊で悩んだことのない人が伝える「妊娠のコツ」を、不妊で悩む私が代弁していくことも大切なことだと感じました

なので、私の心に止めるだけでなく、ここに記してみました