昨日は第2回「トレーニング部」の活動日でした

人間は自然と限界のラインに余裕を持って設定してしまいます

自分を守るために、必要なラインなんですよね

そのライン、ハードルが年齢と共に下がって来る

それって、考え方によっては自分自身の甘さから、ハードルはどれだけでも下がってしまうのでは!?

って思ったのです

「もうできない」

と思ったら、限界ラインはそこで決まる

昨日、一緒にトレーニングをしたのは36歳の主婦の方2人とです

私は34歳

彼女達は

「35歳に壁がある」

と言いました

まさに、先程述べた「ハードルを下げてしまうターニングポイント」が35歳にはあると・・・

具体的に出た内容として、10月に開催された阿久比町の運動会

昨日一緒にトレーニングをした、Nさんは10月の運動会で同じ種目「混合リレー」に参加しました

1人、100メートル走ります

たかが100メートルでしたが、全力疾走を何年もしたことのない私にはすごく辛かった

その時の経験を話していた時に

当時34歳の私は、全力疾走をしたことで吐き気に襲われたのです

肩で呼吸をしてしまうほどの激しい呼吸

そして、吐きそうになる

そこまで、限界に追い込んで100メートルを走ったのは久し振りだな~

と感じたのです

しかし、36歳のNさんは同じく100メートルを走った時に、足に痛みが走ったそうです

その違いをトレーニング部で見解した所

Nさんは、限界の力を出す前に、「痛み」というブロックが発生したのではないか

「痛み」は自分を守るもの

そのハードルを感じて、限界までの底力が出せなかった

それが、35歳の壁なのか!!!!

となったのです

って、ことは「いつか」じゃない!

35歳まであと3ヵ月の「今」やらなきゃ!!!

って思ったのです

この限界と感じるラインを刺激していくことで、限界のラインを下げることを阻止できる

むしろ、努力次第で上げることだって可能!

私たちは2足歩行をする人間です

それに合わせて、発達していった体の仕組み

その持ち合わせた筋肉を使わずに、車や電車という移動手段に頼り

パソコンに向かい・・・

筋肉が筋肉として活動することを阻止した生活

これじゃダメだよな・・・

と今更感じました

整体していると、動く量は少ないし、前傾姿勢が基本だし・・・

体に良くないな~(;^ω^)

だから、トレーニング部で限界のラインを刺激していきます!

中学時代の部活動を思い出す~

自分の限界を感じると、ドSな思考かもしれませんが、ワクワクします

トレーニングの様子がインスタで上がっていたので是非見て下さい

 ↓ ↓ ↓

kgkトレーニング部 インスタグラム

 

☆☆ーーーーーーーーーー☆

首コリ・肩コリ・腰痛・膝の痛み・頭痛・生理痛など、痛みでお悩みの方

是非、一度当院の施術を体験してみてください

ご予約は、お電話またはLINEで

09029232500

お電話が繋がらない場合はお手数ですが、LINEまたはショートメールでメッセージください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

LINE@ 友だち申請

詳細はホームページをご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スター整体院

あなたの輝く笑顔のために☆スター整体院