【妊活情報】顕微授精で生まれた男性、精子の濃度は半分!?

昨日、10/31の読売新聞にて公開された情報をまずお伝えします

男性不妊のご夫婦の間に顕微授精にて生まれた子どもの情報です

 

 不妊男性の精子を針で卵子に注入する顕微授精で生まれた男児は成長後、一般男性より精子の濃度が薄く、活発な精子の数が少ないなどとする調査結果を、ベルギーの研究チームが欧州生殖医学会誌に発表した。男性不妊の要因が、顕微授精で親から引き継がれたことが分かったのは初めて。

 研究チームは、顕微授精で生まれた18〜22歳の男性54人を、自然妊娠で生まれた同世代の一般男性57人と比較。全体として精子の濃度は半分程度と低く、活発な精子の数は3分の1程度と少なかった。

 顕微授精は体外受精の一種で、精子の数が少なかったり、動きが悪かったりする場合に行う。最近は体外受精の成功率を上げるため、顕微授精を選ぶ例も増えている。現在主流の方法は1992年にベルギーで開発され、国内でもこの方法で94年から2014年までに少なくとも9万人以上が生まれている。

 ベルギーでは、生まれた子どもの長期追跡調査が行われ、初期に生まれた男児が成長し、生殖能力への影響が判明した。

 埼玉医科大産婦人科の石原理(おさむ)教授は「通常の体外受精は世代を重ねて安全性が確認されたが、顕微授精はまだその途上。今回の結果は心配していたほど悪くはなかったが、更なる研究が必要だ」と話す。

 

今や、体外受精も顕微授精も盛んに行われている現状ですが、まだ歴史が浅い分、これからも更なる情報はどんどん分かって来るのかもしれないですよね

体外受精、顕微授精でお子様を授かった親からしたら、実験材料のように子どもの情報を病院に提示するのは嫌かもしれない

しかし、子どもの未来や次世代の未来のため、同じように子どもが授からず悩んでいるご夫婦のためにも、情報を提供し、今以上のもっと研究を重ねる必要があるのではないか?

と感じざるを得ない・・・と私は思いました

安全性の確認はもちろんのこと、子どもの未来、母体の未来についてももう少し情報が欲しいと感じます

男性不妊で悩み、やっとのこと顕微授精で子どもを授かった父親からしたら、今回公開された情報はどう感じるのでしょうか・・・

男の子であれば、自分と同じ苦しみを感じさせてしまうのかも・・・

将来素敵な女性と出会い、子どもが欲しいと願った時に苦労をさせてしまうのかも・・・

 

精液検査は生後すぐにできるわけではないので、今回発表された情報は、子どもの将来に不安が残ってしまう情報だったかもしれません

 

********************

LINE@では、お得なクーポンも発行して行きます

発行は11月上旬予定

是非、この機会にLINEで友達申請してください

予約の連絡もLINEから承ります

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

LINE@ 友だち申請

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP