マスタープランのお話し

私のブログでちょこちょこ出て来る内容です

私の言う「マスタープラン」とは、未来の私です

7年後、3年後、1年後の自分がどんな生活をしているのか、明確にイメージし、その未来の生活を実現させるために今行動すべきことを考える

そして、そのマスタープランの根底にあるのはコアバリュー

価値観です

死ぬときにどんな風に死にたいか

私の場合ですと、95歳で他界する

死ぬまで元気で健康で役立つばあちゃんでいたい

そんなことを淡々と書き出しします

すると、95歳で死ぬまでにどんな成果を残しておきたいかが見えて来ます

それが明確に見えたところで、マスタープランの書き出しです

40歳の私はどんな生活をしていたいのだろう・・・

その頃娘は小学6年生

冬には、家族でリレーマラソンに出るからそのために、娘とランニングをすることが日課

と、1日の流れを想像してみるのです

すると、理想としている生活がどんな生活なのか見えて来ます

見えて来ると、その理想の生活を手に入れるために、今私はどうするべきなのか見えて来ます

未来を予測して、実現に向けて行動すると言うことです

多くの人からすると、そんな私の考え方を「つまらない人生」だと言うかもしれません

しかし、私は必要だと感じるから行う

ただただ目の前のことに喜怒哀楽して生きる人生ではなく、自分自身のコンサルティング?したいのです

それをすることで、同じ95年生きると言う結果でも、内容の濃さは大違いだと感じるからです

このマスタープランを立てることで、未来が前倒しに動き始める

と言う話を聞いたことがあります

以前、ブログにも書きましたが私も前倒しの人生がスタートしています

以前ブログに書いたことは、3年後にイメージしていた「お客様からお野菜をもらう」と言うことが実現

そして、7年後にイメージしていた「妊活整体を受けるために遠方から人が来る」が実現

マスタープランを立てていなかったら、発生した事実に感謝する心も減ってしまっていたように感じます

そして、もしかしたらマスタープランを書いていなかったら、こんなお客様たちと出会えていなかったのかもしれません

マスタープランを書くことで呼び寄せる力が向上する!

そんなことを考えていた中、またすごい前倒しが発生しようとしました

タイミング的に早すぎて、正直動揺しましたが、チャンスは掴まなくては流れて行く

だから、良いと思ったらそれがやるべき時なのだ!と感じ、行動してみることに・・・

それは何かと言うと本の出版です

私は、コアバリューを書き出していた時にやたらと「本の出版」内容が出て来ました

「妊活に関する本」

「体の循環に関する本」

「働く母親についての本」

「整体師が語る、お母さんが子どもにしてあげられるケア方法の本」

などなど、本を出版したい!と言う気持ちが出て来ました

しかし、私はこれをマスタープランには書き込みませんでした

なぜなら、7年以内の目標ではないから

死ぬまでにしたいことであって、実行するのは10年以上先かな~と感じていました

しかし、恩師に「3年以内に出版しましょう!」と数か月前?に言われました

出版したいのに、先延ばしにする意味が分からない!ってことですよね・・・

でも、まだ書ける自信もないし・・・

しかも、自費出版て300万くらいは必要とか聞くし・・・

稼ぐ理由も、やる理由も出て来るけどいまいち乗り気になれないな・・・と思いながら、3年後に「1冊目を出版」と設定

そこで、来た出版のお話し

いいネタが出せなければもちろん出版には繋がりませんが、第一歩として動くにはありがた過ぎるほどのお声がけ

マスタープランをしっかり書くと、未来は進化するってきっと本当です

未来の私

マスタープランをしっかり書き出し、イメージすることで、手に入れることの出来る未来は無限に広がると感じながら私は生きています