毎日ブログを書くようになって1年

書くことが見付からないこともあります

今日はそんな時

なので、自分を見つめることを意識しようと思います

私が不妊整体を強化したい!と思ったのは今年の5月のことです

それ以前も、不妊で悩む人のために、自分自身の不妊問題を解決するためにと言う視点で整体の勉強はしていました

いざ、不妊に特化した整体を始めて、正直怖さはあります

体外受精の成功率は20%ほど

40歳では7%

44歳では1%

と言われています

不妊整体を受けたところでその確率はどれほど向上できるのか

私は現在、成功率67%を出していると言う先生のもとで不妊整体を学んでいます

しかし、どれだけ高確率になっても100%にはならない・・・

それが私の心の不安です

妊娠したい!と心から願う人に囲まれることで、確率が100%と言えない事実が重くのしかかります

痛みで来院される方は、10あった痛みが5になったので感激!満足!と言う方はたくさんいらっしゃいます

しかし、不妊整体の難しいところは、

例えば、良質な卵子が採れなかった、胚盤胞まで進まなかったそんな方が、卵子を採取できるようになった、胚盤胞までいけたでは合格にならないと言うこと

途中経過に進捗があっても、結論として妊娠できなければ、身体が良くなっていることは確認できても結果が出たとは言えません

本当に難しい分野だと感じています

でも、なぜ私が不妊整体を行おうと思ったのか

それは、女性の体の痛みや悩みの分からない男性整体師ではなく、女の私だから出来ることがあるのではないかと思ったからです

私は2012年から妊娠を望むようになり、気付けば4年が過ぎてしまいました

辛い生理痛を20年も経験し、自ら妊娠出産、子育ての楽しみや苦しみを経験し、その上での不妊の悩み

不妊治療のためのホルモン投与により5キロ増しの体

そんな女としての経験があるから、同じように悩む女性の力になりたい!と思えたのです

2014年度の厚生労働省のデータによると、女性が40歳~45歳で生まれた赤ちゃんの数は49,606人です

この数字は大きな未来をも感じました

自然に特化する東洋医学による整体だけでは難しいかもしれませんが、この年齢でも妊娠出産ができている人が約5万人いる

そう思うことで、心が軽くなれるかもしれない

体全体を捉える東洋医学の考え方では、心が軽くなることもとても大切なポイントです

心が軽くなることで、体の流れは良くなります

私は不妊治療ではなく、不妊整体

体全体を捉えて調整する技術だからこそ、ネガティブな心で不妊と向き合うのではなく、ポジティブな心が持てるサポートもしていけたらと思っています

 

PS,今日の写真は先日のパン教室での1枚

ランチタイムの写真です

手作りパンと一緒に先生がサラダとスープを準備してくれました

不妊とパン作り

何の関係もないようですが、私にとっては関係があります

オシャレな空間に身を置くことで心がイキイキとする

女子力を上げることで、自分を好きになれる

旦那様に手作りパンを出してあげることで、幸せな感情が生まれる

それによって、心が温かくなり、循環が良くなると考えられます

簡単に言えばストレス解消かもしれませんが☆

好きなことをやってストレスを溜め込まないことも、大切な妊活のポイントです