私は妊活整体師です

妊活に励むご夫婦の元に赤ちゃんが訪れることを願って施術しています

私がやるべきこと

それは「妊娠させる」ことではない

と言うと反感を、かうかもしれません

しかし、私がやるべきことは、「妊娠させる」と言う、ご夫婦の間に定まっている結果を決めることではない

私がすべきことは「妊娠しやすい体にすること」

そこに特化していくことが大切であり、やるべきこと!

そんな風に考えています

「妊娠させて下さい!」

自分の力ではなく、他者の力に委ねて発言をするのであれば、行くべき場所は不妊治療を特化している病院なのかもしれません

体外受精・顕微授精等の高度医療の力を借りることで、形上「受精卵」を作ることは可能になる

このまま医学が進歩すれば、着床までの確率ももっと医学の力で向上するのではないだろうか?

しかし、私が求めること

それは他者の力に左右なれない、あなた自身の体の改善です

例えば、数学である問題の答えが分かりません

Aさんに質問したら「答え」を教えてくれました

Bさんに質問したら「答えの出し方」を教えてくれました

あなたが求める対応はAさんの対応ですか?Bさんの対応ですか?

私はBさんの対応方を推進します

他者から与えられた答えは、しょせん対処療法だ、と心理学者のアドラーも言っていました

他人から「答え」だけ教えてもらっても何の価値もない

それは、妊活にも言えると思うのです

何のために「妊活整体」を受けたいと思ったのか

妊活整体をするのは、あなたの体を妊娠しやすい体にするサポートをするため

そのきっかけを自分のものにするかしないかはあなた次第

私に出来ることは本当に一握りにも満たないことなのです

当院に通うだけで妊娠出来るのか?

何も考えずに来るだけの場所ではなく、気付きを与えて行ける場所にしたい

ってことが改めて、見えて来ました

今、読んでいる「嫌われる勇気」と言う本

仕事面でももちろんのこと、子育て、家庭環境にも役立てる本です

何て語れるほど、まだ読めていないので・・・読みます!!!