私は、小さい頃から物を大切にするが故に、消耗品は使えない体質でした

それは、私の3姉妹揃って同じタイプ

それに加えて、物の保管が得意な母

その為、我が家には年代物がたくさんあります

現在娘の部屋にある、ベッドもおもちゃも家具も、ほとんどが私たち姉妹のお下がり

リカちゃん人形も全て30年ほど前からある物

人生ゲームやオセロにおいては、私の母からのお下がりなので、60年物

物を大切に使うのは良いことなのですが、今となって気になることがあります

私たち姉妹は、物を大切にするが故に、消耗品までもが使えずに大切に取っておいたその行為ってどうなの!?ってことを(笑)

例えば、ぬりえ

もったいなくて、紙に写してその写したものをぬりえとして活用し、綺麗なまま保管されているぬりえたち

レターセットももったいなくて、買ってもらったくせに使わずにしまってあったのが未だにあったり

小さい頃、集めたシールも、まだそのまま残っていたり・・・

小さい頃に買ってもらったおりがみがまだキレイに残っていたり

78色!?のクレヨンを買ってもらったことが嬉しくて、大切に大切に特別な日しか使わないって姉妹で約束して使っていたり・・・

そんな、私とは対照的に私の娘は遠慮なく、潔く物を使っていきます

私が小学生の頃に買ってもらった、1000枚入りのおりがみを何十年も大切にとってあり、つい最近まで500枚以上は残っていたのに、娘に見せた瞬間から、どんどん減って行く~

私は金や銀は使えず、黒や茶色から使っていたのに、何のためらいもなく、金色の折り紙を使っている~

始めはそんな娘を見て、「ちょっと!!!大切に使ってよ!」と思っていたけれど、落ち着いて考えると

使わずにとっておくのと、楽しく使うの

どっちがいいんだ!?と思いました

私たち3姉妹が大切に使っていたクレヨンセットも、娘と甥っ子に使用許可を出して以来、破壊されています

ケースは壊れ、クレヨンもボキボキに・・・

まぁ、25年程前に購入したものなのでいいのですが、心のどこかでは切ない気持ちも感じました

クレヨンの気持ちになると、使わず飾られているよりも豪快に色を塗られた方が、いいのかもしれませんが・・・

大切にし過ぎて、使わずにとっておくのはどうかな・・・?って、娘を見て今更感じました