元気になって来た娘

入院生活も辛そうです

でも、昨日から病棟内にあるプレイルームまでの外出許可が出たので、少しですが院内を歩けて気が紛れるみたい

症状は・・・と言いますと、けっこう元気です

首の腫れはまだしこりのように残っていますが、可動域としては問題なし

入院当初は、首が傾いた状態でまっすぐすることも出来ず、心配しましたが復活して良かったです

川崎病は、症状が回復して来ると同時に指先の皮がむけて来るそうです

娘は、足の指の爪の間が若干むけている程度

指の腫れがそれほど酷くなかったので、皮がむける量も少ないのかも・・・

明日、再び採血をして、そこから薬の量を減らしていき、経過観察をして問題なければ退院になるそうです

退院後も定期的に、検診が必要で、検査は今後5年間続くらしいです

しっかり、検査して後遺症に恐れず生活したいものです

元気になって来た娘に「退院したらしたいこと」を聞いてみました

すると、

☆お菓子の城に行きたい

☆Coco壱番屋のカレーが食べたい

☆保育園のお友達を家に呼んで、リカちゃん遊びがしたい

すぐに叶えてあげられそうなことばかり言ってくれてありがたい(笑)

海外旅行がしたい!とか、ディズニーランドに行きたいとかだったらすぐに叶えてあげられないな・・・と思っていましたが

今日の写真は、入院生活中に作ったものたちの一部です♪

何か月の前から、「メルちゃんの哺乳瓶ケースを作って欲しい」「シルバニアの赤ちゃんの保育園バックを作って欲しい」と頼まれていたけれど、なかなか出来なかった作業・・・

出来なかったと言うか、やる気が起きなかった(笑)

だって、私はびっくりするほど、裁縫が苦手で嫌いなのです。。。

ボタン付けすら全て祖母に頼んでしまう私

祖母は洋裁をずっとしていたので、お洋服を作るのも得意です

でも、しっかり洋裁を学んだ人だから、こんな遊びグッズを作るのは逆に苦手

母親として私がやらなきゃ!と思っていた重たい腰が、今回の入院を機会にやっと上がりました

ついでに、ぽぽちゃんの哺乳瓶ケースと、メルちゃんのよだれかけを4枚と、メルちゃんのエプロン&キャミソールも~

やれば出来る私!

主人には「裁縫が苦手の人とは思えないよ!」とかなりオーバーに褒めてもらいました(笑)

手縫いなので、縫い方はすっごいガタガタです

でも、そこはセンスでカバー!?(笑)

娘は気に入ってくれたので良いと言うことで!

シルバニアの赤ちゃんの保育園バッグ

これは大変でした

なんせ、めちゃくちゃ小さい・・・

でも、喜んでくれて作ったかいがありました!

裁縫は嫌いだな~と思っていたけど、作ってみるとなかなか面白いもんですね

良い母っぽいことが出来て良かったです

〝良い母〟と言えば、娘が採血をする時にお医者さんや看護師さんの前で、〝良い母話〟をしてくれました

何かと言うと、

娘:「りこ、ケーキ作ったことあるよ~」

看:「すごいね!りこちゃんが作ったの?」

娘:「そうだよ。お母ちゃんと一緒に作ったの」

看:「どんなケーキ?」

娘:「ショートケーキ」

なぜか、娘一人の採血で看護師さんが実習生も含め5人以上いた中でそんな会話

「すごいね~!!!」と歓声が上がっていたので、本当の永田美子流のケーキの作り方は秘めておくことにしました(笑)

永田美子流の手作りケーキは、市販のスポンジケーキに市販の生クリームを塗って、果物を飾ると言った超手抜きケーキですが(笑)

せっかく、娘が「良い母話」をしてくれたので、真実は隠しておくことにしました

良い娘だな~(笑)

もう少しの入院生活頑張ります!