昨日は施術と施術の合間に、次回の妊活セミナーのサポートをしてくれる整体師仲間の家にお邪魔し、ミーティングを行いました

途中からセミナーの打ち合わせよりも、ポイントが自分たちの在り方等の課題についての話になって来ました

結果、めちゃくちゃ実りある時間が過ごせたのです

その中で、心に響いたワードは「努力」より「夢中」

今の私は「夢中」と言うよりも「努力」の塊に見えると言われました

努力の固まりがいけないわけではもちろんありませんが、もう少し自分を認めてあげれば・・・?と・・・

そんな言葉をかけられて、最近の私は優しい言葉に飢えていたな・・・と感じました

努力して当たり前

人の何倍でも努力をしなくては・・・

と肩に力が入っていたのだと思います

オリンピックを観戦する時に、みなさんはどんな感情を抱くのでしょうか?

私は、オリンピックを観ると苦しくなります

努力が足りていない自分があらわになる気がするから・・・

私は一瞬たりともオリンピック選手になりたいと思ったことはありません

だから、それほどまで一つの物事に努力を重ねる生き方は必要はないのかもしれません

しかし、オリンピックを観る度に思い出すのはアトランタオリンピックの時の有森裕子さんの言葉

「初めて、自分で自分をほめたいと思います」

バルセロナで銀メダルを取った後の、アトランタ

3位でゴールした時に言った言葉でした

当時私は中学1年生

バスケ漬けの生活でした

土日も練習、平日は誰よりも早く学校に登校し、遅くまで練習

他のどの部の子にも努力の量は負けてはいけない

それは、バスケだけでなく勉強も、掃除も何もかも

始業式等で歌う校歌斉唱だって、誰にも負けない大きな声で歌う

顧問の先生の耳に声が届かなかったバスケ部員は、午後の練習に参加できず、舞台の上でエンドレスで校歌を歌い続けなくてはいけなかった

また、アトランタオリンピックの年に行われた長距離走大会で、1位~10位をバスケ部で占領できなかったことは印象的な出来事でした

1位~10位の10人中、バスケ部は9人

1人だけ他の部の子が入っていました

そして、私は11位

せめて10位に入れたら、有森裕子さんのような言葉を言いたかったが、一番自分が許せない順位でした

有森さんは4年間、いや、人生の全て、とてつもない努力を重ねて来たから、あんな言葉が言えたのだろう・・・とすごく感じました

そして、今、またオリンピックを観て私の努力なんて、この選手たちの努力の量からしたら雀の涙だ・・・

そんな私は自分をほめてはいけない・・・

自分をほめれるほど、努力したって言えない

と感じてしまいました

そんな悲観的な見方をしてしまった私に、整体師仲間は自分を認めてあげることの大切さを教えてくれました

自分を褒めれるのは自分しかいない

私自身が褒められて伸びるタイプなら、もっと自分で自分を認めてあげることも大切なのかもしれない

と気付かせてもらいました

オリンピック選手と比較してしまうと、努力は足りていないかもしれないけど、少なくとも数年前の私よりも今は、日々前進するほど頑張れている

なので、もう少し自分を認めて、自分を評価して楽しく生きたいと思います

人生にムダなことは一つもないですからね♪

ピンチはチャンス!!!

今、私はめっちゃチャンスの位置に立っています!

自己成長させるチャンス!

後ろは崖っぷち

前にしか進む選択がないところまで追い込まれるこの感覚を楽しんで猛進して行きたいと思います!

 

妊活セミナーの案内

日時

2016年8月21日(日)9:30~11:30

セミナー終了後ランチ会

場所

おおぶ文化交流の杜 allobu   Aスタジオ

愛知県大府市柊山町6丁目150-1

内容 妊活のコツ・妊活向けのペアストレッチ
持ち物

ヨガマット又はバスタオル(ストレッチの際下に敷きます)

動きやすいパンツスタイル(ストレッチをするため)

筆記用具

参加費 夫婦ペアで3000円(ランチ代は個別でお願いします)
申し込み

090-2923-2500

starseitaiin@gmail.com

メール申し込みの場合は、お名前フルネーム、ランチ会への出欠も明記してください

スター整体院 永田美子まで

妊活は夫婦が一緒になって行うことで相乗効果が生まれます

なので、セミナーには出来る限りご夫婦一緒にご参加ください

一緒に話を聞いて、妊活のモチベーションをアップさせましょう

「モチベーションをアップさせる」それがまさに妊娠力を向上させる第一歩です!