過ぎた悩みは小さく感じる

過ぎた悩みはちっぽけだ・・・

そんな感じのフレーズを昨日のブログに書きました

みなさんは、そんなことを感じたことはありませんか?

私の座右の銘に勝手にしている言葉

それは、

尺山寸水(せきざんすんすい)です

目標を高くすれば、人生や世の中の物事はとても小さい

と言う意味の言葉です

常に悩み事はあるけれど、過ぎてしまえば悩みは小さかったと思えるな・・・とか、

どんな物事も小さいと感じられるように私自身の器を大きく成長させよう!

と言う気持ちを込めて選んだ言葉です

この言葉のように、過ぎた悩みは小さく感じることが多いです

例を取り上げると、出産時の「悩み」と「痛み」の変化

これは目まぐるしく感情が動きました

陣痛の痛みは意識を失うほどでした

生んでる最中、もう赤ちゃんの頭が見えている時なのに、「ムリ~お腹切っちゃってください!」って思ったくらい

しかし、産んだ直後には別の悩みがすぐに訪れました

何かと言うと・・・尿意との戦いです(笑)

分娩室に行く前に尿意を感じたのでトイレに行きたいと助産師さんに伝えたのですが、「おしっこなら管で採れるから大丈夫」とおっしこをさせてもらえませんでした

そして、そのまま分娩台へ・・・

管でおしっこは採ってもらえず尿意を我慢したまま分娩しました

生んでる時は、痛いし必死だしで尿意を忘れていましたが、生まれた直後に再びおっしこを我慢していたことを思い出しました

しかも、産んだ瞬間から体温が急激に下がったの震えが止まらないほどに寒さを感じました

そして、助産師さんが「赤ちゃんですよ~」と抱かせてくれた頃には、いつになったらトイレに行けるのか?しか考えらないほどで赤ちゃんとの初対面に満喫できませんでした

その後は激しい後陣痛により、陣痛の痛みもトイレを我慢し過ぎた苦しみもすぐにぼやけました

そして、忘れもしない母乳マッサージ

出産して4日目に受けたのですが、陣痛よりも痛い!!!と感じるほど、激痛でした

このように人の体は過去の痛みは緩和され、目の前の痛みが勝るのだな・・・と身をもって感じたのです

そんな中で、現在「不妊」で悩んでいる私の体

これは神様が与えてくださった助走期間なんだな~と思えます

きっと、今はまだ2人の子持ちの母親にはなれないのだろう

だから、なれるその時まで待ってくれ時間を与えてくれたのだろう

と捉える心の余裕が出て来ています

年齢的には余裕を感じちゃいけないと言われるかもしれませんが、心の焦りはありません

あんなに不妊で悩み、苦しみ、涙が出てしまった時の感情が嘘のように落ち着いています

それは、きっとこの苦しみを感じることが私の人生で大切な時間だったからなんだな・・・と思えたから

与えられた運命にムダなんてないと思います

そもそも、不妊で悩むことがなかったら、妊活整体師どころか、整体師にもなっていなかったかもしれません

PS.写真は昨日行ったディズニーオンアイス

   ほぼ正面の席で嬉しかった♬

妊活セミナーの案内

日時

2016年8月21日(日)9:30~11:30

セミナー終了後ランチ会

場所

おおぶ文化交流の杜 allobu   Aスタジオ

愛知県大府市柊山町6丁目150-1

内容 妊活のコツ・妊活向けのペアストレッチ
持ち物

ヨガマット又はバスタオル(ストレッチの際下に敷きます)

動きやすいパンツスタイル(ストレッチをするため)

筆記用具

参加費 夫婦ペアで3000円(ランチ代は個別でお願いします)
申し込み

090-2923-2500

starseitaiin@gmail.com

メール申し込みの場合は、お名前フルネーム、ランチ会への出欠も明記してください

スター整体院 永田美子まで

妊活は夫婦が一緒になって行うことで相乗効果が生まれます

なので、セミナーには出来る限りご夫婦一緒にご参加ください

一緒に話を聞いて、妊活のモチベーションをアップさせましょう

「モチベーションをアップさせる」それがまさに妊娠力を向上させる第一歩です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP