昨日はパン教室の日でした

パン教室に通うきっかけをくれたのは、娘

「パン教室に行きたい!」と言い出してくれたおかげで通うことになりました

それと、運命

「運命」って言葉にすると気持ち悪いかしら(笑)

でも、私は人と人との引き合わせは運命だと思っています

この運命は、私がお世話になっている美容師さんが引き合わせてくれました

長年お世話になっていた美容師さんが昨年秋に独立開業しました

そのレセプションパーティにお呼ばれし、そこで出会ったのがパン教室の先生でした

パーティでは、先生の手作りパンの振る舞いがあり、そのパンの美味しさに感動し

「どこに行ったら買えるんですか!?」と私が声をかけたのがきっかけでした

「美味しいパン」=「買う物」と認識していた私

そこで知った、手作りパン教室

女子力のとっても低い私が自発的にパン作りを学ぼう・・・とは、まず思わなかったです

なんせ、本当に女子力低いので(笑)

お料理苦手

お裁縫苦手

ガーデニング苦手・・・

そんな私にもパンが作れるのです!

素晴らしい指導者が傍でフォローしてくれれば(笑)

先生の指導のもと、作ったパンは本当においしい!

自分の腕を過信してしまうほど、ふわふわで美味しく出来るのです

それに、パン教室の先生もすごく魅力的な女性で尊敬します

パン教室を開きたいと思い始めたのは10年ほど前らしいです

そこからコツコツイメージを膨らませて、〝今〟があるからか、「なりたい自分」「在り方」がしっかり見えているんだろうな~と話していて感じるのです

「在り方」そんなことを考えて生きている人は、はっきり言ってマイノリティだと思います

私も自営と言う道を選ぶことがなかったら、自分の在り方と向かい合うことはなかったと思うし

そんな少数派であろう、思考の話が、パン教室の場で出来るなんて思ってもいませんでした

先生と話していると、イメージ像が映像として伝わってくる

だから、きっと将来こんな風になっているんだろうな~と思えます

彼女自身はまだ、どうなるか分からない将来の不安も抱えているようですが、きっと大丈夫だろうと私は思えます

逆に、「在り方」が見えていない人は〝方法〟にばかり目が行く

と言いますが、本当にそうだと思いました

先日、転職を考えている・・・と友人から相談を受けました

しかし、彼女の転職したい理由を聞くといまいちピンと来ませんでした

新しいことをしたい、こんなことがやりたい、そのためにこうしたい

順序立てて話してくれているのは分かりました

しかし、肝心な「在り方」が何も見えず「方法」「やり方」ばかりを述べているので、話を聞いていても、きっと転職したところでこのままでは上手くいかないだろうな・・・と思いました

さて、私が転職した時はどうだったのでしょう

今思うと「在り方」は全然見えていませんでした

きっと、私の転職の話を聞いた周囲はさぞかし心配だっただろうに(笑)

整体の恩師にも何度も言われた「在り方」

「在り方」についてネットでめっちゃ検索したり、在り方を見付けるために本を読み漁ったり・・・

見えない時にはいくら「在り方」と言われても「在り方」が何か分からなくて、見えない、見つからないんですよね・・・

でも、そこが見えてくると人生が晴れ晴れとします

とっても大切なところですね

ちなみに、パン教室に通うことも、私の在り方にマッチしているからです♡