昨日は、自分史の話をしました

私の尊敬する人の自分史を読んで、人と人とは出会うべきタイミングがあるのだと強く思いました

きっと、その尊敬すべき人と出会うタイミングがあと5年早かったら、私の見ている目線が違いすぎてフィーリングは合わなかったと思います

人生って面白いですね(笑)

そして、今尊敬している大好きな整体師の先輩

彼女と出会ったのは1年ほど前

しかし、実は子どもが同じ保育園だったのです

学年が違ったので、お互いに知らなかったのですが、同じ保育園

我が家は未満児から入園していたので、2年間ほど、きっと何度もすれ違っていたのでしょうが知らない関係

毎日のようにすれ違っていても、タイミングとフィーリングが合わないと他人は他人のままなんですよね

そんな出会いのタイミングを考えた時、同時に必ず思うのが主人との出会いです

主人との出会いは、いわゆる合コンです

全くと言っていい程、フィーリングは合いませんでした

きっと、見た目も話し方も好みではなかったのでキュンと来るものはなかったんですよね・・・

そんな私が主人と結婚まで至ったのは本当に運命だと思っています

私が婚期に焦りを感じていなかったら、きっと結婚していなかったです

見付かるか分からない100点満点の相手を見付ける努力をするより、無難なところで手を打ってでも「結婚」がしたかった私

なぜかと言うと27歳で結婚!と勝手に人生プランを立てていたから

調度そのゴールが近付き、焦りが出て来た時に出会ったのが現在の主人だったのです

今思うとお互いよく知らないまま結婚を決めたな・・・と思うほど、相手のことをあまり知らなかったかも

付き合い始めて入籍までは2年弱でしたが、今思うと、旦那の魅力的な部分はまだまだ見えてなかった…

彼の中の本質の魅力に気付かずに結婚を決めてしまっていた私…

と言うか、きっと当時の私に興味があったのは「結婚」「結婚式」「ハネムーン」であって、主人ではなかったのかも

そんな酷い私だったのに、こんな人生最大のこれ以上いない!と思うほどの男性と結婚できたのは、正にタイミングだったのかな(笑)

私たち夫婦は結婚してから、お互いに高め合える関係になったように思います

恋人同士だった時には、そんなお互いの向上心についてのストイックな話はしていませんでした

今でこそ、「人生とは何か!」顔を合わせればそんな話ばかりしてしまいますが、恋人時代はもっと恋人らしい?たわいもない話をしていたのだと思います

私が彼を思うLOVE度を点数で表すと

合コンで出会った時・・・0点

付き合い始めた時・・・20点

結婚したい!と思った時・・・50点

結婚した時・・・80点

結婚1周年・・・200点

結婚5周年・・・500点

くらいに年々愛情は増しています

まぁ、好きかどうか分からない状態で付き合い始めたトコからすると、こんなに愛情が上がるとは思いもしなかったです(笑)

(なぜ好きか分からない状態で付き合おうと思ったかは過去のブログをご参照下さい→主人との出会い

そして、主人にも「出会うタイミングがもう少し早かったら、俺たち付き合ってなかったと思う」と言われたことがあります

そりゃそうだ

私は「結婚」のタイムリミットと言う焦りがなかったら、きっともっと自分に合う人がいるはず!と探し続け、20点ほどの彼に落ち着かなかったと思います

出会うタイミングは本当に大切ですね

タイミング次第でフィーリングが合うか合わないかは変わってきますからね

私は整体師として、これからお客様にとって最高のタイミングで出会える施術者になっていきたいです